FC2ブログ

5月の支部長連絡

埼玉県生態系保護協会 志木支部
支部長 加藤健二

気温が急激に上昇してきたように思います。
さて、自然は随所で季節を早め、春の気配を通り越して、花の咲く様子がめまぐる
しい程の感じではないかと思います。
また、気温の上下も身体への影響が大ですので、健康にご留意ください。

【6月活動予定】
●6月10日「柳瀬川探鳥会」
集合:9時 柳瀬川富士見橋たもと  解散:同場所 11時半
柳瀬川と水谷たんぼを歩き、野鳥探索および里山景観を観察します。
野鳥の多くは北へ帰ったり、子育てにいそがしく私たちの目に触れる機会が少なくなってきましたが、河原や田んぼでは植物の変化が見られます。
また、柳瀬川駅では毎年見られるツバメが、駅の都合で「巣」を外されてしまいましたが、そのような状況も是非見ていただきたく思います。

●6月17日(日)多摩森林科学園自然観察会
【集合】武蔵野線北朝霞駅改札前9:00
 9:07発 むさしの号八王子行き 豊田で乗換
9:56高尾着

【経路】高尾駅から徒歩15分ほどで「多摩森林科学園」に到着
 園内の自然観察を行うほか森林科学館に入ります。

【参加費】保険料100円と別途入園料300円が必要です

※当日は14:00頃まで散策をして帰ります
※ 雨天中止、昼食持参
<注> 列車の「むさしの号」は武蔵野線より直接中央線に入る列車です。
 
【5月活動報告】
●5月13日「柳瀬川探鳥会」
渡り鳥は姿が見えませんが、ヨシ原からはオオヨシきりやキジの鳴き声が多く聞けました。
春の息吹は植物を中心に、柳瀬川と水谷たんぼに現われていました。
動物ではホンドイタチのかわいい姿に出会いました。

●5月6日「森林公園」自然観察会
森林公園は春の装いで数たくさんの花が咲き、一般の訪問客にはポピー・ルピナス・ネモフィラなどに人気があり、私たちの観察会では公園南口より林間の主に野草コースを尋ねました。
キンラン・ギンラン・フタリシズカ・シライトソウ・ナツトウダイ・マムシグサ・サルトリイバラなどを観察しました。
シライトソウ
シライトソウ

キンラン
キンラン

フタリシズカ
フタリシズカ

アマガエル
アマガエル
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント