FC2ブログ

3月の支部長連絡

2018年度が4月より始まります。
是非、皆様のご意見をお伺いし、志木市周辺の木々、草、鳥虫なども多様な生物を観察していきたく思います。

【4月活動予定】
4月8日「柳瀬川探鳥会」
集合:9時 柳瀬川富士見橋たもと
解散:同場所 11時半
   柳瀬川と水谷たんぼを歩き、野鳥探索および里山景観を観察します。
   野鳥の多くは、北へ帰りましたが、土手や水谷たんぼは春の息吹を感じます。
   季節も暖かくなり、歩くことが楽しくなります。是非ご参加下さい。
 
【3月活動報告】
●3月4日 柳瀬川野鳥観察会―北へ帰る野鳥たちー
野鳥たちは志木での冬の生活を終え、北へ帰っていくカモなどを観察しましたが、好天の中40名近い人々の参加をいただき楽しい観察ができました。
サギ集合
まずは、サギの集団が出迎えてくれました。アオサギ、ダイサギ、コサギが仲良く日向ぼっこをしている風景です。

カワセミ1 カワセミ2
次に、待望のカワセミくんです。
柳瀬川の対岸と東上線の鉄橋の土台で私たちを見ている感じです。
カワセミはやはり人気抜群です。
柳瀬川で良く見かけるようになりました。

コゲラ
柳瀬川では初めてでしたが、コゲラが木の小枝の虫をついばんで長く私たちの目の前におりました。

●3月11日「柳瀬川探鳥会」
北へ帰る野鳥たちの観察から1週間後でしたが、多くの鳥は北へ向かったようでした。
これも自然のなせるわざですので、来月の様子を見たいと思います。

【講演会報告】
美しいまちをつくる集い
  ~生きものにやさしいナチュラルガーデンの作り方~
講師:ポール・スミザー (有)ガーデンルームス
日時:3月11日 10:00~12:00
会場:JA共済埼玉ビル(大宮駅より徒歩10分)
ナチュラルガーデン
講師はイギリスの環境悪化で90%のカエルが消えてしまい、この絶滅を止める行動を進めた個人庭園師で、今、日本各地でガーデンパートナーとして、種々の相談を受けています。
ガーデンは人間の目を楽しませるだけでなく、ベランダや街角の花壇などでも、生きものにやさしい視点が必要です。生き物は木や草、虫、そして鳥などです。
その土地の風土、歴史、環境にあった生態系に優しい「ナチュラルガーデン」を考えていくことが重要という話でした。
コンクリート割れ目のような小さい環境でも生態系の視点を持つと思います。
キーワードは水、光、風、木の陰、腐葉土等です。       
草木は花だけでなく、芽、葉、実など1年を通じて、変化を楽しんでいくことが鍵です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント