FC2ブログ

2018年2月の支部長連絡

今年の寒さは、かなりつらい寒さですが、皆様いかがでしょうか?
2月の支部長連絡を送ります。
(支部長=加藤健二)

【3月活動予定】
○3月4日 柳瀬川野鳥観察会―北へ帰る野鳥たちー
○3月11日「柳瀬川探鳥会」
 
【2月活動報告】
○2月11日「柳瀬川探鳥会」
 晴天にめぐまれ、多くの鳥とまた珍しい鳥にも会えました。
コガモ、ヒドリガモ、オナガガモ、カルガモ、ハクセキレイ、アオサギ、ダイサギ、
コサギ、タヒバリ、タシギ、アカハラ、アオジ、キジなどなどでした。
・最近見なかったオナガガモがきれいな姿を見せました。
・ヒドリガモは河原に上り、草の若芽を食べていました。
・柳瀬川の右岸に続いて、対岸富士見市側も河原の掘削が始まりました。

【(公財)埼玉県生態系保護協会 本部より】
○環境カレッジ(2018年4月~12月)
毎月、カレッジとして環境講義や自然観察や地域の視察が企画されています。
応募締め切りが間近になっています。詳細は(公財)埼玉県生態系保護協会のHPを御覧ください。

○美しいまちをつくる集い
  ~生きものにやさしいナチュラルガーデンの作り方~
 講師:ポール・スミザー(有)ガーデンルームス
 日時: 3月11日 10:00~12:00
 会場:JA共済埼玉ビル(大宮駅より徒歩10分)
 会費:会員1000円、一般1500円
 講師はイギリスの環境悪化で90%のカエルが消えてしまい、
 この絶滅を止める行動を  進めた個人庭園師です。
 庭やベランダ、街角の花壇などにも、生きものにやさしい視点が必要です。
 その土地の風土、歴史、環境にあった生態系に優しい「ナチュラルガーデン」を考えていくことが重要でしょう。
 自宅の庭、街角の花壇にも人間の思いだけの「花」を植えることではなく、小さい環境でも生態系を思う視点をつくっていけたらと思います。
----------------------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント