5月の柳瀬川探鳥会

2019年5月12日(日)
本日の参加者は8名。
柳瀬川探鳥会201905

気候が良くなったが、カモ類が北へ帰ったこともあり、野鳥の種類も数も少ない。
志木市役所のイワツバメはいくつか巣に入っていたが、いまだに作成中のものもあり、恐らく作りかけて落とされた後、また作っているのだと思われる。フン害はあるのだろうが、よける工夫をして、保護する方向で考えてもらいたい。
イワツバメ
せっせと巣作りをしている
水谷田んぼではコチドリが卵を孵したようで親鳥2羽と幼鳥を2羽観察できた。今年の田んぼの田植えは遅く、いまだ田に水が入っていない。
コチドリ
目のリングが黄色でかわいいコチドリ
土手では赤紫色のナヨクサフジの花が目立つ。少し前までは柳瀬川ではあまり見られなかったが、最近は良く目立つようになった。外来種で繁殖力が強い。

ナヨクサフジ
最近柳瀬川で増えてきた
高橋と栄橋の間の堤防下のユウゲショウが蒴果をつけていた。割ると芥子粒のような小さな種が大量に出てきた。
ユウゲショウ
ユウゲショウの蒴果は細長い
本日の観察種は19種類。
キジ、カルガモ、キジバト、カワウ、アオサギ、コサギ、イソシギ、コチドリ、ハクセキレイ、カワラヒワ、スズメ、ヒバリ、ツバメ、オオヨシキリ、イワツバメ、ムクドリ、ツグミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

5月5日(日)光が丘公園でバードウオッチングと日本タンポポ観察

天気も良く、本日は8名の参加者がありました。
成増駅に集合し、住宅街を歩くこと約20分。東京都立光が丘公園(練馬区)あけぼの橋口に到着。
光が丘カントウタンポポの仲間のSさんにお出迎えいただきました。

バードウオッチングスポットでは、評判のコマドリはすでに旅立った後でしたが、キビタキのsongはまだ聞くことができました。
カメラマンやバードウオッチャーが十数人集まっていて、親切に写真などを見せてくださいました。
20190428_9999_44kibitaki.jpg
キビタキ(4/28 下見の時に撮影)


さて、樹林地を進むと、カントウタンポポ保護地から移住(?)してきたカントウタンポポの群落に遭遇。
花を裏返したり、葉っぱを触ったり、じっくりと観察できました。

カントウタンポポの観察
カントウタンポポやマルバスミレなどをじっくりと観察

記念写真
全員集合

そして、カントウタンポポ保護地では、Sさんから保護活動のことや、カントウタンポポとセイヨウタンポポの違い、カントウタンポポは夏休み(夏眠)をするので夏に草が繁っても大丈夫とか、最近は雑種が多く、識別が難しいというお話などを伺いました。

20190428_9999_166kantou.jpg
カントウタンポポの株

20160428-IMG_4112.jpg
カントウタンポポの総苞は反り返っていなくて、先端に特徴的な突起があります。
また、カントウタンポポは、他の株との受粉がないと種ができないので、ある程度の群落がないと増えていけないそうです。

20190428看板-IMG_4142 (1)

カントウタンポポの保護地の看板
23区内で、こんな立派な群落があるのは、ここ光が丘公園だけだそうです。

そのあと、初夏の陽気の中、道々植物などを観察しながら「バードサンクチュアリ」へ。

カントウタンポポの観察
エゴノキの花にそっくりなのは、満開のハクウンボク

バードサンクチュアリは、アオサギ天国です。カイツブリやバンが営巣しているそうですが、今日はカイツブリが一瞬姿を見せただけでした。

公園の中は、スポーツやぶらぶら、まったり、もぐもぐ、がやがやと、初夏の公園を楽しむ人々で溢れかえっていました。

光が丘カントウタンポポの仲間のSさん、本日のご案内ありがとうございました。
そして、保護活動や研究、これからも頑張ってください。

追伸
下見の時に紛失していたカメラのレンズキャップが、なんと! カントウタンポポ保護地の柵の上に置いてありました。
どなたか存じませんが、そのご親切に、本日で一番びっくりしました。重ねてありがとうございます。



4月の柳瀬川探鳥会

2019年4月14日(日)
本日の参加者は9名。
今年はサクラの開花は3月21日と早かったが、その後寒い日が続いたため、まだサクラの花が残っており、ヒヨドリやスズメが花の蜜を吸っていた。
サクラとヒヨドリ
サクラの花の蜜を吸うヒヨドリ
暖かく陽気も良くなったせいか、釣り人が多く、川の中に入っている釣り人もいて、野鳥はほとんど見ることが出来ない状況だった。
すぐに飛び去ったが、富士見橋の袂で眼元がピンク色の婚姻色のコサギがいた。
コサギ(婚姻色)
眼元がピンク色の婚姻色のコサギ
高橋と栄橋の間では、冬鳥のヒドリガモ、コガモ、オカヨシガモ、オオバンが、少数だが、まだ北へ帰らずにいた。
市役所の駐輪場のところで、イワツバメが3カ所ほど巣作りをしており、盛んに出入りしていた。フン害があるとのことで巣が落とされるが、なんとか巣立ちまで見守って欲しい。毎年来ているが、来年には市役所も取り壊されるので、どこで巣作りをするのだろうか。
イワツバメ
イワツバメ
イワツバメとイワツバメの巣
水谷田んぼでは一部の人はコチドリを観察した。水谷田んぼも乾燥化が進んでおり、なかなかコチドリが見られなくなっているが、田植えで水が引かれれば、見られるかもしれない。その他、田んぼではキジが見られた。
コチドリ
コチドリ
野草では、アメリカフウロ、ユウゲショウ、サギゴケの花が咲きだした他、春の七草の1つホトケノザ(現在名はコオニタビラコ)を見ることが出来た。
ユウゲショウ、
ユウゲショウ
コオニタビラコ
コオニタビラコ(春の七草のホトケノザ)
本日の観察種は22種類。
キジ、コガモ、ヒドリガモ、カルガモ、オカヨシガモ、キジバト、オオバン、ダイサギ、コサギ、イソシギ、コチドリ、ハクセキレイ、カワラヒワ、スズメ、ヒバリ、ツバメ、イワツバメ、ムクドリ、ヒヨドリ、ツグミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス

3月の柳瀬川探鳥会

3月の柳瀬川探鳥会
2019年3月10日(日)
本日の参加者は9名。
風もなく穏やかな天気で、陽の光もすっかり春めいていた。
富士見橋と鉄橋の間では、まだアメリカヒドリが見られた。富士見橋と高橋の間ではコイの乗っ込み(産卵のため浅瀬に集まる)がそこかしこで見られた。高橋と栄橋の間ではイソヒヨドリが観察されたが、これは昨年の11月以来である。
コイの乗っ込み
コイの乗っ込み
イソヒヨドリ
イソヒヨドリ
カワセミやイカルチドリも見ることが出来た。ナポレオンハットのヨシガモがいた他、市役所の裏手の左岸側から見ると、ヒドリガモが約120羽あつまっていた。コガモやオオバンも多くいた。カモ類はこれから北へ帰るのだろう。
ヨシガモ
ヨシガモ
水谷田んぼでは、キジがいた他、タシギがごく間近で見ることが出来、空を見るとチョウゲンボウが飛んでいた。
タシギ
タシギ
チョウゲンボウ
チョウゲンボウ
本日の観察種は31種類。
キジ、コガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、カルガモ、アメリカヒドリ、ヨシガモ、キジバト、オオバン、カワウ、セグロカモメ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、イソシギ、イカルチドリ、タシギ、セグロセキレイ、ハクセキレイ、キセキレイ、カワセミ、カワラヒワ、スズメ、ヒバリ、ムクドリ、ヒヨドリ、ツグミ、イソヒヨドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、オオジュリン

柳瀬川野鳥観察会(北へ帰る冬鳥を観察しよう)

3月3日(日)柳瀬川野鳥観察会(北へ帰る冬鳥を観察しよう) 
天気予報では昼過ぎから雨の予報だったが、9時の集合時からぽつぽつと降り始め、やがて本降りの雨になってきた。
参加者は14名であったが、雨のため観察場所をサミット裏と富士見橋袂の二ヵ所にしぼった。本日の目標は参加者に双眼鏡がなくても3種類のカモと3種類のサギを識別できるようになってもらうことでした。
柳瀬川野鳥観察会
雨の中での観察会
カルガモ
1.カルガモ   留鳥、全体に茶色、くちばしが黒く先端が黄色
ヒドリガモ
2.ヒドリガモ  冬鳥、オスの額から頭上はクリーム色
コガモ
3コガモ    冬鳥、オスの頭部は栗色で目から後が緑色
コサギ
4.コサギ    留鳥、くちばしと足は黒いが足指が黄色
ダイサギ
5.ダイサギ   留鳥、くちばしが黄色で足が黒い
アオサギ
6.アオサギ   留鳥、全体に灰色がかった大型のサギ
普段は一番よく見られるコサギが不思議と見られませんでした。雨がひどくなり10時過ぎに観察会を切り上げました。

2月の柳瀬川探鳥会

2月の柳瀬川探鳥会
2019年2月10日(日)
本日の参加者は9名。
昨日の天気予報だと10cmぐらいの積雪が予想されたが、薄っすらと白くなった程度だった。10cmも雪が積もると水谷田んぼで野鳥が見やすくなるが、期待外れだった。
高橋の上流の河床の浚渫工事が始まり、高橋の下流はほとんどカモ類が期待できないため、高橋から水谷田んぼへ向かうようにコースを変更した。
河床掘削190210
高橋上流の掘削工事 2019年2月7日撮影
アメリカヒドリが富士見橋のすぐ上流と高橋との間の二ヵ所で見られた。
1月のガンカモ調査以来ダイサギのチュウダイサギとダイダイサギの違いを説明してきたが、本日も両方を見ることが出来た。
富士見橋と高橋の間でヨシガモを見ることが出来、ナポレオンハットの頭部が日に当たってとても綺麗だった。セグロカモメが高橋の街路灯の上に止まっていた(毎年の定位置)。その他カワセミやマガモなどが観察された。
ダイダイサギ190210
ダイダイサギ(コサギがとても小さく見えます)
ヨシガモ190210
ナポレオンハットのヨシガモ
セグロカモメ190210
セグロカモメ
水谷田んぼでは積雪もなく、ほとんど野鳥が観察されなかった。
本日の観察種は31種類。
コガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、マガモ、オナガガモ、カルガモ、オカヨシガモ、ヨシガモ、オオバン、カワウ、セグロカモメ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、イソシギ、タシギ、キジバト、セグロセキレイ、ハクセキレイ、キセキレイ、タヒバリ、カワセミ、ハヤブサ、カワラヒワ、スズメ、ヒバリ、ムクドリ、ヒヨドリ、ツグミ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、

1月の柳瀬川探鳥会

2019年1月13日(日) 本日の参加者は8名。
出発時は気温4℃・曇で寒かったが、その後晴天になり、風もなく良い観察日よりだった。アメリカヒドリが柳瀬川鉄橋と富士見橋の間で見られるので行ったが、近づきすぎたのか逃げてしまい確認できなかった。観察会終了後、有志で再度寄ったときには2羽が確認できた。
アメリカヒドリ0113
アメリカヒドリ
富士見橋を出発してすぐ、河川敷から土手にかけてヒドリガモ40羽とカルガモ20羽が群れて草を食べていた。ハクセキレイ、セグロセキレイ、キセキレイ、タヒバリとセキレイ4種が確認できた他、マガモ、カワラヒワ、モズなども見ることが出来て、今回は好調な滑り出しだった。
マガモ0113
マガモ
高橋と栄橋の間でイソヒヨドリを見つけた。イソヒヨドリは2017年11月にも観察されている。
市役所の前でオカヨシガモ2羽がいた。オカヨシガモは定例の探鳥会では初めて。
イソヒヨドリ0113
イソヒヨドリ
オカヨシガモ0113
オカヨシガモ
柳瀬川が好調だった半面、水谷田んぼではほとんど野鳥が観察されなかった。今年は雨が少なく、田んぼもからからの状態だった。
本日の観察種は30種類。
コガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、マガモ、オナガガモ、カルガモ、オカヨシガモ、カイツブリ、オオバン、アオサギ、ダイサギ、コサギ、イカルチドリ、イソシギ、キジバト、セグロセキレイ、ハクセキレイ、キセキレイ、タヒバリ、カワラヒワ、ウグイス、スズメ、ムクドリ、ヒヨドリ、イソヒヨドリ、モズ、ツグミ、ジョウビタキ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、

県内一斉ガン・カモ調査

1月6日(日)「県内一斉ガン・カモ調査」
午前9時に志木大橋のたもとに集まったのは6名。晴天で気温は4度。
ガンカモ調査1
ガンカモ調査2
志木市役所の手前でヒドリガモがまとまって見られた以外は全般的にカモの数は少なかった。トピックスとしては、①富士見橋の所でアメリカヒドリ(交雑種)が久しぶりに見られたこと
アメリカヒドリ
アメリカヒドリ
②栄橋の手前でオカヨシガモ4羽(♂2、♀2)が見られたこと(ガンカモ調査では初めて)
オカヨシガモ
オカヨシガモ
③富士見橋と高橋の間でダイダイサギが見られたことです。
ダイダイサギの説明は生き物ニュースをご覧ください。
調査結果( )は前年
ヒドリガモ 190(130)
オナガガモ  7(3)
コゴモ 123(101)
カルガモ 28 (11)
マガモ  0(3)
アメリカヒドリ   2(0)
オカヨシガモ 4(0)
合計 354(248)

12月の柳瀬川探鳥会

2018年12月9日(日)
本日の参加者は5名。
曇り空で気温は10℃を下回り、北風も強く寒い観察日だった。ただカモ類にはこの寒さは良い様で数多く見られた。
富士見橋から高橋の間の右岸は刈り残しがなくなり、水面から見通しが良くなった。そのせいかヒドリガモが河川敷に多く上がっていた。
ヒドリガモ12

高橋と栄橋の間で久しぶりにアメリカヒドリらしきものが見られた。確認のため翌10日に再度訪れたらメスもいました。
アメリカヒドリ12
アメリカヒドリ♂ 奥に♀も見える
アメリカヒドリ♀12
アメリカヒドリ♀
水谷田んぼの用水路でタシギが珍しくじっとしておりじっくりと観察・撮影できた。
タシギ12
いつもはすぐに飛び立ってじっくり見れない
ツグミ2羽が早くも観察された。モズのはやにえのカエルも梅の木の枝先にあった。
モズのはやにえ12
枝先はカエル
本日の観察種は25種類。
コガモ、ヒドリガモ、アメリカヒドリ、マガモ、オナガガモ、カルガモ、オオバン、カワウ、アオサギ、ダイサギ、コサギ、イカルチドリ、イソシギ、タシギ、キジバト、セグロセキレイ、ハクセキレイ、キセキレイ、タヒバリ、ヒバリ、カワラヒワ、スズメ、ムクドリ、ハシボソガラス、ハシブトガラス、

練馬区光が丘公園野鳥観察

12月2日(日) 練馬区光が丘公園野鳥観察(バードサンクチャリー)
参加者は3名と少なかった。公園に入ると紅葉は相当進んでいたが、イチョウの立派な紅葉に出合うことが出来た。
イチョウ01光が丘公園
イチョウ02光が丘公園
イチョウの紅葉
シジュウカラやコゲラをみながらバードサンクチャリーに行ったが、意外なことにカモやサギはいなかった。サンクチュアリの観察窓からはカワセミがよく観察され写真に収めることが出来た。
カワセミ01光が丘公園
カワセミ02光が丘公園
シメやアトリも見られたが、遠すぎてあまり良く観察できなかった。すごく寒い日だったので早々に切り上げ、蕎麦屋さんで昼食を食べて帰路についた。